TAG

100年以上の建物

  • 2021/08/23
  • 2021/08/23

東京を楽しむ③ 三越劇場見学会で舞台デビューしてきた!

昨年に引き続き「東京を出ずに夏休みを楽しむ」企画。今日は日本橋三越本店の6Fにある三越劇場の見学会に参加してきました! 2016年に国の重要文化財となった日本橋三越の建物。その中でもとても素敵なのが6Fにある三越劇場なんです。 昭和2年(1927)年に「三越ホール」という名称で三越百貨店内に劇場がで […]

  • 2020/09/13
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅⑪ 秦小姐豆漿で鹹豆漿の朝食を 最後は台湾総督府へ

11回にわたってお届けした台湾旅行記もこれで完結です。 最終日の3日目は、台湾で最も有名なレトロ建築物である総督府を見学します。 総督府は台湾の元首が執務をとる官邸。赤と白の建物は日本統治時代に築かれ、現在は一部が一般公開されています。 月に一回だけ特別公開日があってその日は公開エリアが増えるのです […]

  • 2020/08/30
  • 2020/08/30

東京を楽しむ ①明治の官庁建築 唯一残った法務省赤レンガ棟へ

今年の夏休みは、いかがお過ごしでしたか? コロナで東京を出ることを自粛中の管理人は、東京を思いっきり遊んでやろう!と、せっかくなら「平日しかできないこと」を探して遊ぼうと、5日間をフルに楽しみました! どこも人が少なく、ソーシャルディスタンスが保ててゆったりした時間を過ごせるところばかりでした。 & […]

  • 2020/08/06
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅⑩ 迪化街で日本統治下時代の建物を探す

台北屈指のフォトジェニックなスポット「迪化街」付近は、日本統治下時代は「永楽町」や「太平町」と呼ばれていました。 永楽市場周辺まで来て「食材を買い込みたい!」という友達と別れて、ワタシは旧永楽町を中心に日本統治下時代の建物を探して歩きます。初めての台湾だけど、治安が良いことはわかったし、ここから泊ま […]

  • 2020/07/25

旧田中家住宅 ⑤池泉回遊式庭園と茶室を見学

和館2階の見学を終え、入口まで戻ってきて庭園と茶室を見に行きます。 その前に、主屋の内向きな場所をちょっと見学。 1階 食堂・台所へ 庭園見学の前に、帳場の奥も見せてもらいました。 帳場の奥は食堂として使われていました。対外的な部屋は多く見てきたけれど、内向きなお部屋が無かったんですよね。意外とシン […]

  • 2020/07/07
  • 2020/07/25

旧田中家住宅 ④和洋折衷を体感するなら和室を見よう!

旧田中家住宅 2階の散策の続きです。 洋風の書斎から廊下に出ず、続くドアを開けるとそこは和の世界が広がっていました。 2階 和室も共存している洋館です 主人が使っていた洋風の書斎をあとにします。 2階の書斎から続くドアを開けると、大きな鏡が。当時からあったのでしょうか。 そして正面に広がるのは、 畳 […]

  • 2020/07/06
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ③超ゴージャスな大広間は必見!

旧田中家住宅の続きです。 3階のもう一つの部屋は来客用の「大広間」は、これまたゴージャスなお部屋。ゲストを迎え入れる応接室はたいてい1階にあるものですが、建主のこだわり炸裂!見晴らしの良い3階にあるんです。 3階 大広間は超ゴージャスな応接室 前回紹介した「控えの間」からは廊下に出ずにお客様を迎え入 […]

  • 2020/07/05
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ②素敵な階段室から3階の内蔵と控えの間へ

旧田中家住宅の続きです。これまたゴージャスな階段を上がって3階から順に見学します。 洋館建築だと玄関から入ったところのすぐ脇に応接室など待合いの場所を設け、玄関から正面にお客様用の大階段がどーん。というのが多いですが、旧田中邸は入ったところすぐに帳場があることから階段はちょっと奥まったところにありま […]

  • 2020/07/04
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ①和洋折衷のいいとこ取り! とにかく凝った洋館なのです

埼玉県川口市の大通りに突然現れる3階建ての「旧田中家住宅」は、外観のイメージとは異なり、内部には和室もあり、「変わっている」と思うところが意外と利にかなっている驚きの洋館なんです。 東京から近いこともあり、ドラマのロケ地にもよくなっていて、「家政婦のミタゾノ」の「むすび家政婦紹介所」になっていたこと […]

  • 2020/02/19
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅⑨ 中華と西洋のフュージョン。洋風建築好きなら迪化街に行くべし!

故宮博物院のあとは台北随一のレトロな建物が集まる迪化街にやってきました。台湾語では「ディーホアジェン」、日本語読みでは「てきかがい」と読みます。 ドライフルーツやナッツ、お茶、調味料から漢方薬など「乾いたもの」が集まったエリアです。問屋さん並みの量のドライフルーツが格安で手に入ります。 迪化街にはM […]

  • 2020/02/17
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅⑦ 北門に行くなら必見!台北郵便局、国立台湾博物館鉄道部、三井物産北門倉庫

台北の夜は長い。あちこちにあるモスバーガーもコンビニも24時間営業。深夜便の到着に合わせてホテルのフロントにも遅くまでスタッフがいる。 そしてライトアップ。 特に美しいのが北門のライトアップなんです。写真の奥にある台北北門郵便局もきれい。夜、何度も北門を通って帰っていました。北門周辺にある建築物を紹 […]

  • 2020/02/15
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅⑤ 当代芸術館と西門紅楼 近藤十郎設計の2つの建物

阿城のガチョウ肉をたっぷり食べた後は、台北当代芸術館を見学して、若者で人気の繁華街にある西門紅楼を目指します。どちらも赤レンガで作られた日本統治下時代の建築物で、リノベーションされて使われています。 その前に台湾名物のお店に立ち寄ることに。 1.パイナップルケーキなら老舗の李製餅家へ 台湾のお土産と […]

  • 2019/02/14
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅④ 市長官邸藝文沙龍と阿城でガチョウを食べる

赤レンガの建物を後にし、この日のお昼は日本ではなかなか食べられないガチョウ料理! でもその前にまたちょっと寄り道です。   台北州知事公邸(市長官邸藝文沙龍) そろそろお昼ごはん。ランチのお店に向かいながらもまた日本統治時代の建物を訪ねて歩く。 台北医院から歩いて15分かからないところで見 […]

  • 2019/02/13
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅③ 旧台北州庁舎、濟南教会、台北医院 赤レンガの建物を訪ねて

国立台湾博物を後にし、さらに日本統治下の建物を探しに台北の街を歩く。向かうは台北州庁(現監察院)。 赤レンガと白い石が特徴の辰野式の建物をめぐります。 旧台北州庁舎(監察院) 国定古跡 台北州庁は辰野金吾の弟子であった森山松之助によって設計されました。 辰野金吾とは、お雇い外国人のジョサイア・コンド […]

  • 2019/02/12
  • 2020/09/13

台湾グルメとレトロな建物の旅② 国立台湾博物館はギリシャ建築みたい!

  台湾1日目 朝食のあとはさっそく旅のテーマでもある「日本統治下の建物」探訪へ。 龍山寺駅に戻りMRTで西門駅へ。西門駅には西門紅楼というこれまた素敵な建物があるのだけど、まずは二二八公園にある国立台湾博物館を目指します。 台湾には博物館が数多くありますが、日本統治時代の建築物が戦後に博 […]