CATEGORY

国内旅行

  • 2020/08/21
  • 2020/08/22

旧朝香宮邸 ⑤姫宮の部屋に続く”こんぺいとう”照明と唯一の和テイストの小食堂

旧朝香宮邸の建物紹介は今回が最後。姫宮の居住スペースと、ここまでくると意外な唯一の和テイストの「小食堂」です。お部屋の素敵さは言わずもがな。星型の照明がとってもかわいくて持ち帰りたいくらいでした!   1. 2階 北側ベランダ(北の間) 南向きのベランダとは廊下を挟んで逆にあるベランダは通 […]

  • 2020/08/19
  • 2020/08/22

旧朝香宮邸 ④朝香宮殿下と妃殿下のこだわり抜いた居間と寝室が素敵すぎる!

若宮の部屋のあとは朝香宮殿下と允子妃殿下の居住スペースを見学します。 殿下と妃殿下のこだわりがぎゅーっと濃縮された素敵な空間なのです。 1. 2階 書庫 殿下の書庫は本棚ぎっしり。扉からの見学で近くには行けないけれど、きっと本棚は大切に使われていたんでしょうね。木のぬくもりと暖かさが感じられるようで […]

  • 2020/08/16
  • 2020/08/22

旧朝香宮邸 ③家族の居住スペースは心休まる空間でした

旧朝香宮邸編の続きです。大広間に戻り、第一階段を上って宮家のプライベート空間を見学します。 宮家の方々は、こんなモダンなお屋敷でどんな生活をしていたのでしょうか。 1. 1階 第一階段 階段だけでもネタになる屋敷ってなかなか無い。おとぎ話のような豪華さの第一階段はひとつひとつの装飾が芸術品なんです。 […]

  • 2020/08/16
  • 2020/08/22

旧朝香宮邸 ②朝香宮邸の顔 大客室と大食堂は贅沢の極み!

次室を挟んで小客室の対面にあるのが大客室。大客室とそれに続く大食堂は旧朝香宮邸の中でも最もアール・デコの装飾が効果的に使われているお部屋。上から下まで、何を見てもため息ものです。 1. 1階 大客室 サロン 大客室へは次室から入る導線はありますが立ち入り禁止なので、いったん大広間に出て入ります。 ド […]

  • 2020/08/15
  • 2020/08/22

旧朝香宮邸 ①東京都庭園美術館 アール・デコを極めたすべてが美しい館

東京メトロの白金台駅とJR目黒駅の間にある東京都庭園美術館。 かつては朝香宮家の邸宅でした。当主である鳩彦王はパリで2年半生活したのちにこの邸宅を建設。当時フランスを中心にヨーロッパで流行していたアール・デコ様式がふんだんに取り入れられています。 どの部屋も美しく、建物自体がまるで美術館!アンリ・ラ […]

  • 2020/08/09
  • 2020/09/15

港区立郷土歴史館 ②戦前の「書庫」見学と絶品野菜ランチ

港区立郷土歴史館編の続きです。1時間程度でさらっと見学するはずが、美しい旧講堂がすごすぎて、すでに30分過ぎてしまった! その他のお部屋も見ていきます。 1. 4階 旧講義室 現在は休憩室として公開されているこちらの部屋は、かつては整然と机がならべられ、講義室として使用されていました。 黒板に当時の […]

  • 2020/08/08
  • 2020/09/15

港区立郷土歴史館 ①内田ゴシックはすごいぞ 旧公衆衛生院の講堂にうっとり

白金台駅を降りるとすぐにある港区立郷土歴史館。「東大の安田講堂か!?」という堂々とした建物です。ずっと気になっていたのだけど、2020年7月にやっと行ってきました! おなじく白金台駅が最寄りの東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)にも歩いて行けるので、あわせてご紹介。どちらもとっても素敵な建物なんです。 & […]

  • 2020/07/25

旧田中家住宅 ⑤池泉回遊式庭園と茶室を見学

和館2階の見学を終え、入口まで戻ってきて庭園と茶室を見に行きます。 その前に、主屋の内向きな場所をちょっと見学。 1階 食堂・台所へ 庭園見学の前に、帳場の奥も見せてもらいました。 帳場の奥は食堂として使われていました。対外的な部屋は多く見てきたけれど、内向きなお部屋が無かったんですよね。意外とシン […]

  • 2020/07/07
  • 2020/07/25

旧田中家住宅 ④和洋折衷を体感するなら和室を見よう!

旧田中家住宅 2階の散策の続きです。 洋風の書斎から廊下に出ず、続くドアを開けるとそこは和の世界が広がっていました。 2階 和室も共存している洋館です 主人が使っていた洋風の書斎をあとにします。 2階の書斎から続くドアを開けると、大きな鏡が。当時からあったのでしょうか。 そして正面に広がるのは、 畳 […]

  • 2020/07/06
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ③超ゴージャスな大広間は必見!

旧田中家住宅の続きです。 3階のもう一つの部屋は来客用の「大広間」は、これまたゴージャスなお部屋。ゲストを迎え入れる応接室はたいてい1階にあるものですが、建主のこだわり炸裂!見晴らしの良い3階にあるんです。 3階 大広間は超ゴージャスな応接室 前回紹介した「控えの間」からは廊下に出ずにお客様を迎え入 […]

  • 2020/07/05
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ②素敵な階段室から3階の内蔵と控えの間へ

旧田中家住宅の続きです。これまたゴージャスな階段を上がって3階から順に見学します。 洋館建築だと玄関から入ったところのすぐ脇に応接室など待合いの場所を設け、玄関から正面にお客様用の大階段がどーん。というのが多いですが、旧田中邸は入ったところすぐに帳場があることから階段はちょっと奥まったところにありま […]

  • 2020/07/04
  • 2020/09/15

旧田中家住宅 ①和洋折衷のいいとこ取り! とにかく凝った洋館なのです

埼玉県川口市の大通りに突然現れる3階建ての「旧田中家住宅」は、外観のイメージとは異なり、内部には和室もあり、「変わっている」と思うところが意外と利にかなっている驚きの洋館なんです。 東京から近いこともあり、ドラマのロケ地にもよくなっていて、「家政婦のミタゾノ」の「むすび家政婦紹介所」になっていたこと […]

  • 2020/01/26
  • 2021/06/19

香川県 引田の城下町を散策&引田城へ

1/25~26にかけて香川県の高松周辺の城めぐりに行ってきました。 「引田の城下町は建物好きにはたまらんよ。」と聞き、軽く散策したのが引田城のおひざ元の城下町。こじんまりとしていますが江戸の情緒がある町でした。 香川県最東端!?讃岐屋でセルフうどん 香川県の最東端にあるんじゃないか!?というくらい端 […]

  • 2019/09/15
  • 2021/06/19

たじまわるモニターツアー④ 今ならすいてる!「天空の城」竹田城へ

いよいよ登城開始!竹田城。 なのですが、お城のことは別館の「お城に恋して」で掲載します。 こちらは写真だけのダイジェスト版です。 「天空の城」や「日本のマチュピチュ」として大ブームになった竹田城ですが、2014年には年間の入城者が58万人!現在は16万人くらいということでだいぶ落ち着きました。実際、 […]

  • 2019/08/14
  • 2020/07/18

たじまわるモニターツアー③ 道の駅ようか但馬蔵で山椒ソフトクリーム!?そして竹田城へ

出石の城下町散策のあとは「道の駅ようか但馬蔵」でお買い物。出石からはたじまわるプレミアム号で40分ほどです。 ようかは「八鹿」と書きます。ここらへんは一乗谷城の越前朝倉氏発祥の地。「越前朝倉氏のふる里」という看板もありました。山椒が有名で「朝倉山椒」という名で売っています。たじまわるプレミアム号でま […]