<お得な情報>
楽天トラベル 県民限定プラン特集!
icon県民限定プランを使うとお得に旅ができる!
コロナ明けの旅行は「家族水いらず」の旅が人気!温泉でコロナ疲れを癒そう。

お料理のモチーフも朝香宮邸

お料理のモチーフも朝香宮邸

旧朝香宮邸にはカフェとレストランがあり、カフェは新館の1階、レストランは入口の目黒通りに面したところにあります。レストラン「du Parc」はランチなら手が届く料金。朝香宮邸をモチーフにしたフレンチがいただけるということで行ってみました!

1.フレンチレストラン「du Parc」

目黒通りに面した賑やかな場所なのに緑の中にちょこんとあるレストラン。
2020年8月現在、コロナ対応のためランチもディナーも予約のみの受付になっています。

du Parcは、南青山にあるフレンチの老舗「ロアラブッシュ」の姉妹店だということで期待が高まる。

レストラン du Parc

レストラン du Parc

ランチの予約は¥2,700円のコースのみなので、迷うこともなく気兼ねもいらず、ある意味入りやすい。
受付で検温と手指の消毒をして待ちます。

自然の光が入ってくる素敵なレストランです。

案内された座席は窓際で、写真だとわかりにくいですが一面ガラス張りでまるでガーデンテラスにいるようです。
外の気温は35度近くあるというのに、冷房が効いていて(それでいてちゃんと窓も開けて換気もされていて)、涼しい思いをしながら木々を眺めながらランチができる。

 

なんと贅沢な!!!

 

ランチの¥2,700はね、もちろんお料理の代金というのもあるけど、時間を忘れてこの贅沢感を味わうための代金でもあるのだよ。と、久々の外食と贅沢を噛みしめる。
開いた窓の近くの席だったので、外からはセミが鳴く声も聞こえる。でも涼しい。

 

なんと贅沢な!!!(2度目)。

 

この日のメニューはランチコースで¥2,700。デザートと食後のお茶もついてきます。

  • 前菜 鰹のデネグリゾン 朝香宮邸をイメージして
  • スープ 冷製とうもろこしのポタージュ バジルクリームを浮かべて
  • メインは下記の3つのうちから選べます
    塩麹でマリネした豚ロースのコンフィ サラミと玉ねぎのチャツネ
    本日の鮮魚料理 シェフ亀田のスタイルで(+¥500)
    牛ロースのグリエ カフェ・ド・パリ バルサミコ酢香るキノコを添えて(+¥1,500)
  • ジャスミンのブラマンジェ ブラッドオレンジのソルベ
  • コーヒー/紅茶/カフェラテ

前菜は朝香宮邸をイメージしたお料理だそうです。

鰹のデネグリゾン 朝香宮邸をイメージして

鰹のデネグリゾン 朝香宮邸をイメージして

おぉ!確かに朝香宮邸だ!
妃殿下と姫宮の部屋にあるラジエーターレジスターやマントルピースのカバーのデザインじゃん!

奥のサラダの下にはパイ生地、その下に鰹のパテみたいなのがある。これがデネグリゾンか?
手前の朝香宮邸の模様のお料理の下にも鰹がいる。上に乗っているのはオレンジ風味らしい。

この鰹のデネグリゾン?(デネグリゾンが何を示すのかが調べてもわからなかった
鰹の風味が味わえておいしい!グリーンのはセロリのパウダーだそうです。
フレンチなので、お上品にね。少しずついただきましたが、箸だったら一気にいってた。

↓朝香宮邸の允子妃殿下と姫宮の部屋にあった暖房機カバーはこちら

姫宮 居間の暖炉のカバー

 

とうもろこしの冷製スープは、バジルクリームを溶かしながらいただきます。

冷製とうもろこしのポタージュ バジルクリームを浮かべて

冷製とうもろこしのポタージュ バジルクリームを浮かべて

クリームの上にのっているのは白いとうもろこし。
冷製コーンスープがそれだけでもじゅうぶんにおいしいのに、バジルで味がかわっていく。どちらもじゅうぶんにおいしゅうございます。
書いている最中も、またこのスープをいただきたくなってきた・・・。

お肉料理は豚ロースのコンフィを選びました。

塩麹でマリネした豚ロースのコンフィ サラミと玉ねぎのチャツネ

塩麹でマリネした豚ロースのコンフィ サラミと玉ねぎのチャツネ

これがまた、とんでもなくうまかった!
お肉もそれ単体でおいしかったのですが、このチャツネがおいしい!フレンチって味の表現が難しいので何がどうおいしいのかが伝えられないのがもどかしい!
お肉とチャツネがとにかく合う!苦手な脂身もあったけど、これがまた甘くておいしいのです。

パンもいただいて、すっかりおなかがいっぱいになってきた。お皿が大きかったので盛りつけられた料理はボリュームが無いように見えまたけど、おなかにたまる。

そんなころにやってきたデザートがまたアール・デコ風。

ジャスミンのブラマンジェ ブラッドオレンジのソルベ

ジャスミンのブラマンジェ ブラッドオレンジのソルベ

手前がジャスミンのブランマンジェ。ほんのりスーッとしておいしかった!
そしてきっとこれもアール・デコのデザインをイメージしているのでしょう。ホワイトチョコ。
その下にはブラッドオレンジのソルベ。
奥のふわふわっとした泡のようなものはハイビスカスティーで作られているそうです。これが面白くておいしい。口の中であっという間になくなるけど味はしっかりハイビスカスティでした。ソルベと一緒に食べたりブラマンジェと一緒に食べてみたり。
あと、刻んだショウガかな。まわりにプツプツとあったのは。ピリッと効いてアクセントになっていました。

これで¥2,700はおトクすぎる!

お店はソーシャル・ディスタンスが保たれていて他のお客さんの席とは離されているし、スタッフの皆さんもコロナ対策諸々は考慮済み。
朝香宮邸を鑑賞した後はぜひ、優雅なフレンチ・ランチをご堪能あれ!

 

フレンチ・レストラン du Parc

住所:東京都港区白金台5丁目21-9
Tel:03-6456-4929
営業時間:コロナ対応中はランチ、ディナーは予約制
ランチ 11:00~14:00閉店
カフェ 14:00〜17:00閉店
ディナー 17:00〜22:00閉店(20:00ラストオーダー)
休業日:
毎月第2・第4 水曜日(祝日の場合は営業、翌日振替定休日)
年末年始
※美術館休館日に準ずる

コロナ期間中は営業日、営業時間は変更になる可能性があるので公式サイトで確認してください。

<旧朝香宮邸(東京都庭園美術館)編 終わり>

t_line2

旧朝香宮邸(東京都庭園美術館) 旅行記INDEX

t_line2

 

旧朝香宮邸物語―東京都庭園美術館はどこから来たのか
朝香宮家についてから旧朝香宮邸の建物、装飾、調度品にいたるまでを解説した本。
写真も多くて読みごたえがあります。旧朝香宮邸に置いてあり、ミュージアムショップでも購入することができます。

 

 

 

ぽちっとひと押し。応援お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログへ